1. ▼目次

      1、いま使っているサイフ。どんなサイフですか?
      2、豚財布ってなに?
      3、サイフを見ればその人がどんな人かわかる。
      4、大きなサイフはパンツにダメージを与えます。
      5、サイフはコンパクトに。
      6、他では売っていないハンドメイドレザーのウォレット

1、いま使っているサイフ。どんなサイフですか?

財布を買うとお金なくなるしな、、あまり関係ないかも。。
そう思ったあなた。
もし、いま使っているサイフが大切な人からの贈り物だったり、
特別な思い入れがあるわけでない場合、買い換えるとあなたの印象が変わるかも?
という話です。
手元に財布があれば取り出してテーブルの上に置いて
みてください。
そのサイフ、客観的にみて、いけてますか?
中を開けてみてスッキリしていますか?
特別なサイフ(贈り物でもらった、思い入れがある)だった場合
きっと綺麗に使っていると思いますが、
そうでなくても、やはりいけてるなこの財布…そう思ったなら素敵です。
もし、テーブルに置いてある自分のサイフを客観的にみて、ボロボロだったり、
もし、財布がパンパンになっているいわゆる「豚財布」だった場合、
改善してみるのもいいかもしれません。

2、豚サイフってなに?

結論から言うと、お金が貯まらない人の多くは「パンパン豚財布」が多いのです。

豚財布とは
サイフに色々なもの入っていて、パンパンな状態。
使っていないメンバーズカードやスタンプカード、
今度、いつ行くか不明な店、施設のカードなどが満載。
豚さんが順調に育つとレシートもたっぷり入っており、気にしていないのは本人だけ。
自分以外の誰かがその豚サイフを見てと決していい気分がするとは思えません。
気分を害するとまでも言わなくても、
「うわぁ…詰まってるな。。」
とは思うはずです。
また、そのサイフが年季が入って破れたり、汚れていたり、くすんだりしていたサイフだった場合、
「1つのモノを長く使うのが好きな人なのかな?」
そう思う人はいるかもしれませんが、
「モノを大切に使う人」とは言い難いです。
大切に使うとは汚れたら拭く、破れたりほつれたりしたら直すということです。

3. サイフを見ればその人がどんな人かわかる。

どんな人?とは優劣ではありません。どちらかといえば個性。

長財布の場合、もらったお釣りとレシートを詰め込むタイプの人は仕分けして入れるのが苦手なので

細かいことを考えるのが面倒。どちらかといえば大らかでざっくりとした性格の人が多いですし、

お札の向きを揃えて入れたり、小銭入れを持ち歩いているタイプの人は、逆にゴチャゴチャしたのが苦手なので、整理したい派。基本、人の目に触れるとことはきちんと片付けている場合が多いです。

長財布と違って二つ折りのサイフは収納のスペースが長財布と比べて狭いので、

財布が膨らんでいる傾向がありあます。

クレジットカード数枚、キャッシュカード、免許証、会社のID、交通機関系カード、ショッピング系のカード数枚。そこに小銭とお札のボリュームが加わります。

なので二つ折りはどうしても膨らむ傾向があります。

狭いスペースに色々と入れるのとポケットに入れやすいので、財布がイタむのが早い印象です。

なので二つ折りのサイフを綺麗に長く使っている方は、綺麗好き、モノ持ちがいいということになります。

サイフの形状や見た目に関係なく、中身はリアルに性格が出ます。

いつのかわからないレシートが挟まっていたり、どこでもらったかもわからないメンバーズカードとか

入っているならすぐに処分してください。すごく、だらしなく見えてしまいます。

また。年に数回、使うかどうかわからないカードが数枚、入っているせいでゴチャゴチャしているなら

分けて部屋の引き出しに入れておくか処分してください。

年に数回しか使わないならポイントが貯まる前に期限切れになると思いますし、

「いつか使うかも?」と思って取っておいているものはほとんど使うことがありません。

昔、買った服でなんとなくおいている服に近いです。捨てようか迷った服でいつか着るかも?

そう思っておいている服。年に何回、きてますか??

サイフは普段、必ず持ち歩くもの。

必ず持つものにはある程度、性格がしみ出てきます。

あなたがどんな人かわからない人は持ち物からあなたの印象が決まってしまいます。

余談ですが、サイフを綺麗に長く使いたければポケットに入れることはオススメしません。

型崩れ、変色の原因となります。

4、 大きなサイフはパンツにダメージも。

多くの男性は後ろのポケットにサイフを入れることが多いです。

カバンを持たない方はなおさら、ポケットにモノを詰め込みがちとなります。

スラックスを履いていて、こんなこういう経験ありませんか?

サイフを入れていたポケットの口が破けてしまう。

飲みすぎてはしゃいだ訳でなく、もちろん、どこかに引っかかってもいない。

その場合、原因の多くはサイフが大きいから。

(長い財布は特に危険。パンツによってサイフを使い分けるか、カバンに入れることをおすすめします。)

いい生地、高い生地だから比例して丈夫という訳ではありません。

どちらかというと高い生地ほど、繊細な場合が多いです。

なるべく負荷をかけないように着るとパンツのモチがよくなります!

負荷をかけないためにはポケットに何もいれない方がイイです。

もしくは気を利かせてハンカチくらいは入れておくことをオススメします。

5、 サイフはコンパクトに。

最近はpaypayや、LINE PAYの影響でサイフに現金を!という時代ではなくなってきています。

しかし、まだサイフを持たない訳にはいかないのでこういうコンパクトなサイフがオススメです。

必要最小限で、必要最小限なモノが入れられる、

1万円札を伸ばしてちょうど入る大きさ。

二つ折りのコンパクトなサイフがいいと思います。

ポケットがいっぱい付いていて、機能性を売りにしているわけでなく、

必要最小限なモノだけをいれておく。

使わないカード等はまとめて分けておく。

それだけでスッキリすると思います。

スッキリ持つので重量も減り、胸ポケットに入れて重さでジャケットの内側が垂れることもないです。

また、お尻のポケットに入れて、座っても片側だけお尻が浮くことはないです。

スッキリしているので、他の人から見た目の印象もイイと思います。

サイフ自体がコンパクトにまとまっているので、

レシートなど見た目が悪くなり、ゴチャゴチャした印象のモノを詰め込むスペースもありません。

お釣りと一緒に受け取っても瞬時に必要、不必要と判断し、処分するか取っておくか決めることができます。

必要なレシートはクリップで挟んでおいて自宅に帰ったら処理しましょう。

申請する必要のあるレシートを溜め込むこともなくなるはずです。

6、他では売っていないハンドメイドレザーのウォレット

お好みは人それぞれですが、市販で出回っていないハンドメイドレザーのサイフはあなたの個性をうまく引き立たせてくれるはずです。

自分、好みのハンドメイドレザーのサイフを見つけるのは容易ではないと思いますが、

検索すると意外と出てくるので、人とかぶるのが苦手な方はお時間があるときに検索してみてください。

このページでご紹介しているハンドメイドレザーのマネークリップは切り出しから縫製、着色までを職人が1人で行い、スタッズの打ち込みもやりすぎない大人っぽい仕上がりとなっております。

サイフに施されたパンチングのデザインも1個づつ、穴をあけ、くり抜いて作ったもの。

手染めのカラーは、独特のグラデーション。

アジが出ると、すこし濃いカラーになるので、さらに渋い色のサイフになります。

職人が1点づつ丁寧に作っており、ここでしか買えないアイテム、デザインです。

独特なサイズ感に加えてカラーも珍しい色(ブラウン、ネイビー)クラフト感があります。

私も愛用しておりますが、スタバやタリーズなどカフェでの支払い際にサイフを出すと、それいい色してますね!とか、

どこで買ったんですか?

男女問わず聞かれることが多いです。話すきっかけにもなりますし、

あまり人前に出すことのないサイフがおしゃれって見えないところに心配りができているようで

大人な感じしますよね!

小さな小物があなたの印象を大きく左右する。そしてあなたの個性とおしゃれ感を出すことができます。

ハンドメイドが苦手でメジャー系が安心するのであれば、POTERからもスッキリしたサイフが発売されているようです。

コンパクトでスッキリしていれば、長財布でも二つ折りでも問題ない。

POTERのアイテムは日本製のイイところがしっかりと詰め込まれたブランドです。

ただ、アイテムによってはカジュアルすぎて子どもっぽく見えたりするので

セレクトするセンスが必要です。(見た目のデザインが似ていてもマジックのビリビリのサイフはNGです。この話はまた次回させていただきます。)

二つ折りのサイフが苦手な方は

POTER からも長財布のスッキリしたサイフは中にものが入れやすいのでレシートの詰め込みすぎに注意が必要です。

B印YOSHIDA(BEAMS×PORTER)(B JIRUSHI YOSHIDA) メンズサイフ(PORTER×B印 YOSHIDA/別注 HOLIDAY WALLET LONG)【グリーン/フリー(88)】

新品価格
¥22,680から
(2018/12/25 21:54時点)

▲目次にもどる

おすすめの記事